オナニー 薄毛

初めての育毛@10年後ハゲない為に今から始める抜け毛・薄毛対策 » 育毛Q&A » 生活習慣 » オナニーが原因の薄毛の対策方法【大切なことはたった1つです】
ヒゲの男性の画像

オナニーが原因の薄毛の対策方法【大切なことはたった1つです】

ヒゲの男性の画像

私が10代や20代の若い頃は、オナニーなんて30歳を超えたらしないだろうと思っていましたが、それは間違いだということに自分が30代半ばになって気付きました。30歳を超えてもオナニーはするもんです^^;


また、私が通っている整骨院の先生は40代なのですが『おれなんて今年で45だけど、週3回はオナニーしてるよ!』とおっしゃっていたので、結局はいくつになってやめることはできないのだと思います。そして、やめるべきではないというのが私の考えです。


そもそも人間の機能というのは使わなければ自然と衰えていきます。毎日歩かなければ、足の筋肉が衰えるのと同じように、勃起をして射精をさせなければ勃起不全(ED)となる可能性は高くなることは明らかです。


ですから、オナニーをして射精をすることは決して悪いことではありません。むしろ、健康な身体を維持するためには必要なことです。


しかし、ここで気になるのは自慰をすることにより、薄毛が促進するかもしれないということではないでしょうか?


マスターベーションが薄毛の原因となる理由

マスターベーションをすることが薄毛になる理由としては、主に次の2つのことが考えられています。
  • 1.男性ホルモンの増加
  • 2.精子の生成するための栄養が余分に必要

このうちで、1の『男性ホルモンの増加』については特に気にする必要はありません。その理由は、自慰行為によって増加する男性ホルモンは精子の生成をために使われるので、脱毛要因にはならないからです。


それよりも、重要なのが2の『精子の生成するための栄養が余分に必要』という点となります。


射精により放出される精子の成分は、ほとんどがタンパク質であり、私たちの髪の毛の成分も同じなんですね。


ここまでお伝えすると勘の良い方ならお気づきになるかもしれませんが、オナニーをすることで禿げやすくなると言われているのは、髪の毛を造りだす栄養が射精により不足するためとなります。


つまり、髪の毛を生成するために必要な栄養が精子を造るために使われるので、新しい髪が育ってこないので薄毛が促進するというわけです。これがオナニーをすることが薄毛につながる理由です。


そのため、オナニーを週2回以上と頻繁にする方は、髪を生成するために必要な栄養が足りていない可能性が高いですので、タンパク質を生成するために必要な亜鉛やアミノ酸のL-アルギニンをきちんと補給してあげるようにしてください。それで問題は解消するはずですよ^^


ちなみに私の場合、それらの栄養は育毛サプリメントの『BOSTON(ボストン)』とブブカの定期購入でプレゼントしてもらえる『ブブカサプリ』を利用して摂取しています。

ボストンの画像

ブブカサプリの成分は亜鉛がメインとなるのですが、ボストンの方は『亜鉛』に加えて、抜け毛予防の効果を期待できる『ノコギリヤシ』と『イソフラボン』、頭皮環境を正常化するために役立つ『コラーゲンペプチド』も含まれていますので、かなりお勧めです。


値段は1本(1ヶ月分)が7800円と高いのですが、公式サイト経由で購入すればまとめ買い割引が適用されますので、3本セットなら1本5600円で購入可能です。私自身飲み続けているサプリメントであり、育毛サプリメントの中では現時点では最も評価できるものとなっています。

⇒ 育毛サプリメント・ボストンの公式はこちらです

※ こちら(↑)からなら、3本セットでの割引購入が可能です


また、次のページでは私が書いたレビューと感想を掲載していますので、ボストンに興味がる方はチェックしてみてくださいね。

⇒ ボストンサプリの正直な感想とレビュー【私の体験談】

※ 現在も育毛剤ブブカと共に愛用しており効果を実感しています^^


コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.