ドライヤー 抜け毛

初めての育毛@10年後ハゲない為に今から始める抜け毛・薄毛対策 » 育毛Q&A » アイテム » ドライヤーを上手に使えば抜け毛を予防できる
ドライヤーの画像

ドライヤーを上手に使えば抜け毛を予防できる

あなたはシャンプー後、頭を乾かすときにドライヤーを使用していますか?

美容院でドライヤー


ほとんどの女性が髪を乾燥させる際、タオルドライだけでなく
ドライヤーを使用していますが、
男性の場合、タオルでおしまいという方が多いです。


たしかに、ショートヘアーやベリーショートなら
乾いたタオルでしっかりと拭くことができれば、
完全に乾燥した感じるかもしれません。
それに手で髪を触っても、濡れているとは感じないでしょう。


ですが、乾かさなくていけないのは毛だけじゃありません。
本当に重要なのは、頭皮を乾かすことなんです。
あなたはそれができていますか?


頭皮を乾かさないとこんなに危険

ドライヤーを使った正しい乾かし方をお伝えする前に
頭を水で濡らした状態で放っておくことの危険性について
まずは、ご紹介させていただきます。


●雑菌がたまる
頭皮を濡れた状態で放置すると、「でんぷう菌」と
呼ばれるカビが繁殖する危険があります。

このカビは炎症を引き起こす可能性があるため
頭皮環境を傷つけるんですね。
当然、そのような状態になれば抜け毛は増え、薄毛の原因になります。


●健康を害する
髪が濡れたままですと、体温が奪われるので
寒気を感じ、風邪やインフルエンザを発症しやすくなります。

毛髪は私たちの体の一部であるので、
育毛のためには健康であることが大切です。


●髪にダメージを与える
しっかりと髪の毛を乾かさないと、
毛のキューティクルが開いた状態になるので
髪が傷みやすくなります。

傷んだ髪はブラッシングの際、ひっかかりを起こします。
その結果、毛が抜けやすくなり、薄毛につながるんですね。
そうならないために、しっかりと乾かしてあげましょう。


以上の3点が乾燥をしないことが
原因で引き起こされる薄毛の原因です。


ここまでにお伝えした内容で、
入浴後に頭を乾かさないことの危険を
お分かりいただけたかと思います。


そして、その対策として
使用していただきたいのがドライヤーです。


ドライヤーは高熱の熱風が出るため、
使い方を誤れば、頭皮や毛髪を傷つけることになる危険がありますが
正しく使えば、育毛のために役立つアイテムとなります。


それでは、続いて正しいドライヤーの
使い方をご紹介させていただきますね。


正しいドライヤーの使い方

ドライヤーの使い方 ドライヤーを使用するのは、タオルドライが完了した後です。その理由は、長時間に渡り熱風を当て続けることが頭皮にも、髪にも良くないことだからです。


ですから、しっかりタオルドライを終えた後で
使うようにしましょう。


使い方で、注意するのは以下の3点です。

●温度と風量を最大まで上げないこと(できれば弱で使用)

●10センチ以上離して使うこと

●髪だけじゃなく頭皮にも風を送ること


以上のことを守れば、頭皮環境を傷つけることなく
頭を乾燥させることができます。


ドライヤーを使うのは面倒に感じるかもしれませんが、
日々の積み重ねが毛髪を育てることにつながりますので
ぜひ、毎日の入浴後に使用してくださいね。
それに、頭をしっかり乾かすのはとても気持ちが良いですよ。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.