プロぺシア 副作用

初めての育毛@10年後ハゲない為に今から始める抜け毛・薄毛対策 » 育毛剤 » 最新情報 » プロペシアの副作用が心配な人ための抜け毛予防方法
プロぺシア副作用

プロペシアの副作用が心配な人ための抜け毛予防方法

プロぺシア副作用

薄毛で悩む方の治療薬として人気となっている薬にプロペシアという商品があります。この薬剤は他の育毛剤のように頭に塗って使用するタイプの製品でありません。内服して使用するタイプの珍しい薄毛治療薬です。


なお、日本国内ではプロペシアは販売されていませんので、購入をするためには個人輸入代理店を活用したり、AGAクリニックへで処方したもらう必要があります。


しかし、薬である以上は効果を期待できる反面、副作用がというものが存在します。具体的にプロぺシアの副作用を挙げると、次のような内容です。


◆プロペシアの副作用まとめ

  • 性欲の減退
  • 勃起不全(ED)
  • 射精障害
  • 妊婦が触れたり・飲んだりすると、胎児に障害が残る可能性あり
  • 男児が触れたり・飲んだりすると、性器が正常に発育しない可能性あり

と以上のような副作用があるとされています。


これらの内で、特に広く知られているのが、性欲減退などのEDに関連するような副作用でしょう。臨床試験においても、5%以上の被験者にこれらの症状があらわれています。


ただし、それよりも怖いのがお腹の赤ちゃんや子供への副作用についてです。妊婦はプロペシアを飲まなくても、その錠剤に触れるだけで、お腹の胎児に障害が残る可能性があると言われていますからね。そのため、もしプロペシアを活用して薄毛治療するのであれば、その点をしっかりと理解しておいてください。


ちなみに、私はそれらの副作用が怖かったのでプロペシアを活用していません。そもそも、プロペシアは目的は抜け毛の原因となる男性型ホルモンのDHT(ジヒドロテストロン)の生成を抑えて、脱毛を極力抑えることです。


つまり、DHTの生成を抑制できれば別にプロペシアに頼らなくても大丈夫だと考えらます。そして、そのために私が活用ししているのが、ノコギリヤシサプリメントです。


ノコギリヤシはプロペシアに配合されている有効成分フィナステリドと同じく、DHTの生成を抑制する働きがあると言われている成分になります。しかも、植物由来の成分ですので安全に活用することができます。


ですので、プロペシアの副作用が不安だという方や、奥さんが妊娠したのをきっかけに使用を中断したいという方は、ノコギリヤシサプリの使用を検討してみてください。


なお、私はノコギリヤシ配合のサプリメントとして、ボストン(BOSTON)を愛飲してます。

ボストンサプリ
ノコギリヤシ以外にも血流をよくするための『L-アルギニン』、抜け毛予防のための『イソフラボン』や『亜鉛』が配合されているサプリメントです。次の記事から詳しい評価と感想もチェックすることができます。

⇒ 育毛サプリボストンの評価と感想【4ヶ月飲んでみた体験談】

※ こちら(↑)でお得に手にできる賢い購入方法も紹介しています


それからプロペシアの副作用について詳しく知りたい方は、下記からアクセスできる『もりかわさんのサイト』が参考になるかと思います。

◆参考になる記事プロペシアの副作用

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.