髪 男性ホルモン

髪と男性ホルモンの関係【薄毛の原因になるの?】

男性ホルモンが多いと薄毛になるということは
昔から言われ続けています。
おそらく、あなたも耳にしたことがあるはずです。


ですが、それとは逆に
ヒゲは男性ホルモンが多いほど
濃くなるとされていますよね。


同じ毛なのに片方は薄くなり、もう一方は濃くなる。


なんだか不思議だと思いませんか?


もし、男性ホルモンが薄毛の原因になるということがウソだとしたら
それを抑制する成分が入っている育毛剤は、絶対に使ってはいけないことなります。


そんなものを使ってしまっては、髪が育つどころから
逆に抜け毛を促進することになってしまい、おそろしいことになるでしょう。


髪と男性ホルモンの関係において、
真実は一体どちらなのでしょうか?


最近は、育毛分野について研究も盛んにおこなわれており、
それを確認するための実験もなされています。


では、その実験の結果を続いてご紹介させたいだきますね。


実験方法と結果

●方法
前頭部の毛乳頭細胞と角化細胞(免疫細胞を活性させる役割)を培養し、
そこに男性ホルモンを注入します。


その後、毛乳頭細胞がどうなるかを確認するというものです。


同様の実験をひげの毛乳頭細胞でも行います。


もう少し簡単に内容をお伝えすると
毛髪とひげの細胞、それぞれに男性ホルモンを加えたときに
細胞が増殖するのか、それとも成長が抑制されるのかを確認する実験です。


この結果を確認すれば、男性ホルモンが
髪とひげに与える影響がわかるので、
抜け毛・薄毛の原因になるのかをチェックすることができます。


では、その結果はどうなったのでしょうか?


●結果
実験の結果、前頭部については細胞の増殖が抑制され、
ひげの方は細胞の増殖が進みました。


つまり、全く逆の結果が得られたということになります。


男性ホルモンが薄毛とヒゲを濃くする原因というのは
正しかったんですね。


ただし、昔から言われていることの中には、
「わかめを食べれば、髪が生えてくる」のような迷信も多いので
ウワサをやみくも信じるのは、注意をしてくださいね。


今回のようにきちんと実験で証明されていれば
信頼することができる情報となります。


ですので、育毛剤を選ぶときには
男性ホルモンを抑制する成分が入っている物を選んで
全く問題はありません。


例えば、「オウゴンエキス」のような成分です。
(コガネバナの根から抽出したエキスです。BUBUKAに含まれています)


※オウゴンエキスの原料となるコガネバナ
オウゴンエキスの原料

オウゴンエキスは、抜け毛の原因となる
活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の
生成を抑制する働きがあります。


このような成分が入っている育毛剤は、
効果を期待できますので、積極的に使用していただきたいです。


コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.