ハゲ 遺伝

初めての育毛@10年後ハゲない為に今から始める抜け毛・薄毛対策 » 基礎知識 » 抜け毛・薄毛の原因 » 遺伝でハゲるというのは本当?【禿げる確率と比較してみた】

遺伝でハゲるというのは本当?【禿げる確率と比較してみた】

ハゲ遺伝子
親がハゲだから、
絶対におれもハゲるに違いない・・・


もしかして、あなたも遺伝だけが原因で
ハゲが決まるとは思っていませんか?


たかしかに、昔から親がはげていれば
息子も薄毛になるということは、
昔から言われ続けてきました。


しかし本当にそれは事実なのでしょうか?


遺伝で考えると75%の男性がはげる

男性型脱毛症(薄毛)体質になるかどうか決まる、いわゆるハゲの遺伝子は
父と母からそれぞれ受け継ぐことになります。


そして、どちらか一方からでもその遺伝子を受け継いだ場合
男性は薄毛になると言われてるんですね。まとめると次のようになります。


○・・・薄毛の遺伝子 ●・・・正常毛髪の遺伝子

父 母

○ ○・・・薄毛

○ ●・・・薄毛

● ○・・・薄毛

● ●・・・正常


ご覧いただいたように、遺伝でハゲると考えれば
男性の4人の内3人が薄毛になることなります。


しかし、本当に男性の75%がハゲているのでしょうか?


日本人の薄毛の割合は26%程度

カツラメーカーの株式会社アデランスが実施した調査によると
日本人の薄毛人口は、たったの26%でした。


※アデランスHPキャプチャ画像
アデランスのHP


ん?なんだかおかしいと思いませんか?


先ほど遺伝的要因ではげる確率として
導き出した数値は75%です。およそ50%の差がありますよね。


遺伝だけではげるかどうかがが決まるとしたら、
アデランスの調査結果の数字にはならないはずです。


これらのことから、ハゲは遺伝だけでは決まらないと言えます。


遺伝よりも、生活習慣や日頃のヘアケアによって
あなたが将来、薄毛になるかどうかを決めていると考えて良いです。


その顕著な例が、メジャーリーグで活躍中のイチロー選手ではないでしょうか。


15年ほど前に、彼の父親をテレビで見たのですが薄毛だったんですね。
前頭部から頭頂部までツルツルの状態。


そのとき私は、「イチロー選手は今はフサフサな髪だけど、
あと10年もすれば禿げるんだろうなぁ」と思いました。


あれから、15年経過しました。彼の髪はどうなったでしょう?


薄毛の兆候はまったく見られませんよね。
むしろフサフサでとても若々しい毛髪をしています。


プロ野球選手といえば、試合や練習中には帽子、ヘルメットをかぶっているため
頭がむれる状態が続くので、頭皮にとっては悪い環境となります。


それでも、彼はフサフサな毛髪状態を維持しています。
おそらく彼が普段からきちんとケアをしているからでしょう。


イチロー選手の例からもわかるように、
ハゲは決して遺伝だけで決まるわけではありません。


ですからあなたも親が薄毛だからといって
あきらめないでくださいね。


正しい知識と効果のあるアイテムを使用して
ヘアと頭皮ケアをしていきましょう。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.